いえーい!退院許可!7W6D

木曜日に診察すると言われて、待ちに待ったこの日。 朝から首を長ーくして診察は今か今かと待っていました。

【スポンサードリンク】

お昼になってもお呼びがかからず、たまらず看護婦さんに聞いてみました。

「ちょっと聞いてきますねー」と言ってくれてからが長い長い。 なんでちょっと聞いてくるだけで1時間もかかるねん!!!!

やっと戻ってきた看護婦さんが言うには 「ずーっと午後まで手術が詰まってるので、診察は夕方になりそうですよ」 だとさ。

なんやねーん!夕方やったら初めから「木曜日の夕方」って言いなさいよ! こっちは、朝から待っとんねん!

 ということで夕方。

4時になってもお呼びはかからず。

5時になってもお呼びはかからず。

6時になっても7時になってもお呼びはかからず。

7時ってもう夕方ちゃうやろーーーーーー! ホンマに診察する気あるんかい?

7時過ぎて診察ってどないやねん?

夕方や言うたやろ????????

ああ???

さすがに再び看護婦さんを呼びつけて言うてやりました。

「ホンマに診察あるんかなぁ」 「ちょっと聞いてきますねー」 ってまた1時間だよ。

どこまで聞きに行っとんねん? バス乗って電車乗って聞きに行っとんかい????

 8時になってやっと看護婦が戻ってきた。 「もうすぐ先生来られますから順番が来たらお呼びしますねー」だってさ。

旦那もこのころになって会社から病室にやってきた。

「診察どうだった?」

「まだやねん」

「そらそうやで。もう1週間は入院せなあかんやろ、さすがに。」

「ちゃうわー。診察がまだやねん。」

「はぁ?診察まだしてへんの?時間外料金とられるんちゃうか?」

「朝から待たされてんのに診察に時間外料金とられたら、私暴れる。   一発がつんと言わな気ぃスマヘンわ!」

こんな会話をしていたころ、「ピンポーン。診察でーす。」 のお呼び出し。

言うてやる、言うてやる、一発がつんと言うてやる!!!!! と思ったものの、「お待たせしましたぁ。お待たせしてスイマセンでしたねー」とニコヤカな先生のお顔を見たら、 黙って「よろしくお願いしまーす」と頭を下げてしまいました。小心者のわたしでした。

「あー、とてもいいですねー。出血も見られないし赤ちゃんも順調に育ってますよ。」

「退院できますか?」

「そうですね。退院してもらっても大丈夫だと思いますねー。」

いやっほーい!!!!!

 頑張った甲斐があったってもんだわ!

その後病室で先生にお聞きしたところ、 出血は妊娠初期によく見られるトラブルだけれど、赤ちゃんの心拍がはっきり見えて、週数順当に赤ちゃんが成長していることが確認できるケースは 流産にいたる確率はぐーんと低くなるとのことでした。

今回出血も落ち着いたし、赤ちゃんが順調に成長していることが確認できたので退院問題なし!とのことです(ヤッター!!!)。

明日一日様子を見て明日も出血がなければ土曜日に退院してもよし。 というお許しをいただきました。 ありがとうございまーす!!!!!

コメントを残す

このページの先頭へ