切迫予備軍妊婦の1日 14W3D

出血もおさまり、今のところ切迫流産の兆候はなし。 通常の生活を送っても良いですよ、と太鼓判をもらっている私。

【スポンサードリンク】

でも単角子宮という子宮の奇形を抱えている以上、 いつ切迫流産・切迫早産になってもおかしくない切迫予備軍だと言われています。

いくら安定しているとはいえ、この時期の無理が後後響いてくるのではないかとビクビクしながら生活しています。

その生活の一部を御紹介しましょう。。。

朝6時50分起床 朝ごはんの支度 タイマーで夜のうちに洗濯して朝には洗濯機は終わってる。
その洗濯物はぷーやん(旦那)に物干し場まで持って行ってもらう。 ゴミ出しはもちろんぷーやん。 雨戸開けるのもぷーやん。ネムネムなレモンをおんぶでリビングまで運んでくるのもぷーやん。

朝8時半 レモン幼稚園バスのお迎え 幼稚園バスが、家から100メートルのところに止まります。
のっそりのっそり歩いてレモンをバスに乗せ、 またのっそりのっそり歩いて家まで戻ります。

洗濯ものを干したら昼までごろごろ。
掃除は3日に1度しかしません。
この間にしっかり体を休めます。

午後0時 お昼御飯 簡単に作れて栄養のあるものに気を付けていますが、お昼御飯はなかなかね~。
晩御飯の残りか、焼きそばか、って感じです。

少しでも休んでいたいので、手間かけてご飯作るのと、寝てるのとどっちが大事か天秤に諮ってますが、結論は出ないのさ。

午後2時 のっそりのっそり晩御飯の支度 レモンが帰ってくる前に晩御飯の仕込みをしておきます。
午前中寝てる間に、レシピと調理の段取りをメモしています。 おかげで30分もあれば全部終わるかな。
焼き魚なら焼くだけに。揚げ物なら揚げるだけに、サラダはドレッシングを和えるだけにしておきますよ。

午後3時半 レモンのお迎え レモンの幼稚園バスが来ます。
またのっそりのっそり100メートル。 レモンはそのまま同じバス停のお友達のおうちへ遊びに行っちゃうこともあれば お友達をごっそり連れて我が家になだれ込むこともあり。
最近はようやく我が家にも来てもらってもOKになりましたが、 出血して安静の時は、お友達のおうちに預かってもらうばっかりで大変お世話になりました。

レモンが帰ってきたらすぐご飯にするだけだからとっても助かったよ~。

午後6時 レモンと一緒に晩御飯 この後レモンの公文のプリントとピアノの練習。 この時間が一番カリカリして胎教に悪いかも。
でもピアノも寝ながら聞いてるし、プリントもほとんど寝ながら見てる。体を休めることには気を付けてます。

午後8時 レモンと一緒にお風呂

午後9時 レモン就寝

買い物は生協と週末のまとめ買い。 レモンの習い事も土曜日に振り替えて平日は行きません。 こう書いてみるとほんと一日寝てるだけやな、私。 らくちんらくちん。

コメントを残す

このページの先頭へ