25W0D ついにPI挿入

入院以来の問題事項だった点滴。 血管が細すぎで点滴がすぐに漏れたり血管炎になったりする。

【スポンサードリンク】

毎日刺し替えは当たり前、1日2回刺し替えることもあり。

さすがに最近は刺すところもなくなってきて、看護師さん達の間で誰が私に 刺しに来るかでもめるそうな。 という事態になっていたから、次に点滴が漏れたらPIカテーテルにしましょう、ということになっていた。

で、今日ついにそのPIカテーテルを入れてしまいました。

血管の中に長くて細い管を入れて、血管が太いところに点滴の液が出るようにするというもの。

管は25センチくらいかしら。 肘の内側にある正中の血管から入れて肩のあたりまで。

ドキドキだったけど、やってみたら簡単。

管が入ってるとは言え、痛くもかゆくもありません。 こりゃいいやー。と思ってたら、肘の内側から管が出てて、肘が曲がらない!!!!

ま、今回左だし、多少腕が曲がらなくても我慢しようかと思ってたんだけど、 少し角度が変わるだけで、ピーピー閉塞が鳴るようになっちゃった!!!

なんじゃこりゃー!!!!

寝がえり打つだけで閉塞が鳴るので、ろくに寝られやしない。 しかも、PIカテーテルは看護師さんではいじれないらしく、いちいち先生を呼びつけないと 何もできない!!!! こんなはずじゃないぞー!!!!!

コメントを残す

このページの先頭へ