25W4D レモン参観脱走事件

朝、白田先生が来て、点滴の量を減らして内服にできたら外出から初めて外泊してみましょうか、という話になりました。やったー!!!!

【スポンサードリンク】

まず、2A15mlに減らしてからそれでOKなら内服に変更、ということらしいです。

診察は楽々クリア。頸管長4㎝超、問題なし。 ということで、2A20ml→2A15mlに変更になりました。

これで調子が悪くなければ、明日にでも内服にしてくれるそうです。 ええええ~!うれしいんだけど、早くない?大丈夫かな、私。

昼過ぎに、幼稚園のママ友からメールあり。
そんなに仲良しでもないママ友で嫌な予感。

電話してみると、「今日の参観でねー、なんだかレモンちゃんの様子がおかしかったから気になってー。」って言うの。
「え?おかしかったってどういう風に?」と聞いてみると、
「あのねー、参観の途中にお教室から飛び出していっちゃってねー。主任先生とそのまま戻ってこなかったのよねー。やっぱりご家庭の事情とかあるしー、抱えてるものがあるのかしらぁー。なんだか切なくなっちゃってー。」ってこんな風に本人に向かって言うかね?ふつう。

そうだった、このママは井戸端会議大好き、思ったことを何でも口にしちゃうので有名なママだったよ。
思い出した。 きっとこの人は、明日からそこかしこで私の娘のことをネタに話しまくるに違いない。

「やっぱりさみしいのよー。」
「あんなにお利口さんだったレモンちゃんがねー。」って。あーやだやだ。

世の中無神経な人もいるんだな。 っていうか教えてもらったことには感謝するけどね。
なんだか恰好のネタ話を拾って喜んでるみたいに思えちゃって、素直に「教えてくれてありがとう」とは言えなかったわ。

無神経なママ友と電話を切ったあと幼稚園の担任の先生に電話。「えっ?どなたからお聞きになったんですか?」って先生もビックリしてたよ。

「○○さんです」とは言わなかったけど。

レモンが「飾ってある絵をママ達に見られるのが恥ずかしい」と言ったので主任先生が職員室に連れて行って、職員室で主任先生と園長先生と3人で飾り付け用の折り紙を作っていたんだそうです。

「参観が終わったら、ふつうにお教室に戻ってこられて一緒に給食も食べられましたし、特に様子がおかしいこともありませんでしたよ。」と担任の先生には言っていただく。

「今は少しいつもと違う行動が見られても仕方がないと思います。特に大騒ぎしないで見守っているのが一番だと思います。」とも。

電話を切ると泣けてきた。
レモンもバアバの前でも私の前でも気丈に ふるまっているけれど、やっぱりいつもと違う環境でストレスを感じているに違いない。当たり前だよね。
お母さんが入院してるなんて普通じゃないんだもん。

今までレモンが泣いたりわめいたりしないから、安心してたんだけど、やっぱりいろいろと溜め込んでるところがあるのかもしれない。当たり前だ。当たり前だよ。
なんで今まで気が付いてあげられなかったかなー。でもどうしようもない。だからといって退院できるわけでもない。お腹の子を犠牲にして家に帰るわけにもいかない。つらいなぁ。。。。

バアバにも電話。
まだレモンのお迎えのバスは到着していない時間。 事情を話し、そっとしておいてね、とお願いをする。

「どうして脱走した?」だの「何がいやだった?」だのおばあちゃんにアレコレつっこまれてもレモンも嫌だろうし。
うちのバアバは普通に説教する人やから、「なんでそんなことしたんや!」ぐらいのことは孫に向かっても平気で言ってしまう。

そのことにはおばあちゃんからは触れないで、と念を押す。

5時すぎにレモンがジイジバアバとお見舞いに来てくれる。

それとなく「今日の参観はどうだった?」と聞いてみる。

「あんなー、キャンプの旗がなー、うまく書けへんかったからなー、嫌やッテン。でなー、逃げてなー、職員室でエンチョー先生と折り紙作ってん。」と、先生から聞いている内容とほぼ同じのようだ。

「もえちゃんの旗がなー、メッチャきれいでなー、私のはあんなにきれいじゃないからなー、見られんのがいややってん。」だそうだ。

ロビーで話を聞いたんだけど、ぺったり抱っこで甘えてくる。やっぱりちょっとさみしいのかなー。一応機嫌を取って、ジイジバアバと帰ってはいった。 今の私にはどうすることもできず。面目ない。    

コメントを残す

このページの先頭へ