25W6D ついに点滴抜けた!内服開始!

昨夜も大崩れすることなく一晩を越すことができた。すごいぞ!

【スポンサードリンク】

もしや?と思っていたら診察でOKが出て点滴が抜けたのだっ!ヤッホー!!!

10時に男の先生が来てPIを抜いてくれた。

20㎝くらい血管をさかのぼってはいってるはずなんだけど、入れる時も外す時もよくわかんない。

でも、楽ちんだなー。点滴が無いってこんなに楽ちんだったんだー。

でも内服薬を飲み始めるのは昼食後からだって言うの。

10時に抜いてそれまでに張ったら不安???と思って午前中のシャワーの予定は一応キャンセルにした。

昼食後12時45分ごろに内服薬ウテロンを2錠飲む。
すぐにお腹がポヨンポヨンになった。はふーん。

お腹も楽やし、点滴も外れて動きも楽やし、極楽極楽。
まさか点滴が外れるなんて期待してなかったから、超うれしいよ。

もしかしてこの調子なら退院も夢じゃないかも。
いかんいかん、期待したらその分ダメだったときにショックも大きいからあまり期待しないようにしよう。

レモンが16時過ぎに来る。
ベッドの上に上り込んでメロンパンをたいらげ、携帯で遊び、DSをやって「テレビ見たくなったから帰る」と言って帰って行った。

本当に平気なのか、強がってるのか。泣かれたりしないだけ助かるけど、本当に大丈夫かしら?と余計勘ぐってしまったりもする。

18時すぎ、白田先生。
いいお知らせと悪いお知らせの二つ。

いいお知らせは血小板の値が横ばいなのでこのまま経過観察ということになった、とのこと。

悪いお知らせは、膣内の炎症値が陽性になったということ。入院中に陰性から陽性になるってどういうことかね?わからんね~。寝てるだけやのにね~。

今後10日から2週間の間子宮口の入り口に炎症止めのお薬を入れる処置をするとのこと。

ただしこのお薬は切迫の妊婦さんへ使用する場合は保険適用外なんだそうで、1回500円かかるとのこと。

ただ、最近ではこの炎症値がお腹の張りと関係があると考えられているらしく、「炎症が落ち着くと同時におなかの張りが落ち着く人もいる」とのこと。

保険適用外でもなんでも、やってもらわないと始まらないでしょ。だってもう入院しちゃってるんだから。

コメントを残す

このページの先頭へ