34W1D 夜はやめましょう

昨夜夕方から張りが強く、8分おきにでっかい山が出現。22時にマグセント1ccフラッシュ(点滴を開放して一気に1cc落とすこと)+ウテロン3A22mlにアップ。その後夜勤の先生が見に来てくれて、「あのー、夜はやめましょうか。昼間、人のいるうちにね。」とだけ言って去って行ったのさ。

ん?はいー???

先生の足りない言葉を補うとするならおそらく「緊急オペするなら、夜はやめましょう。昼間人員が確保できる時間帯にオペしましょう」という意味だったのだろうと思う。
っちょっちょっちょっと待って!もう産まれちゃいそうってことかしら?そんなに重体?と思ったら、夜寝られなくなっちゃった。

朝になって、担当の白田先生と助産師さんが来てくれたから、「夜勤のJ先生、気が早いよ~。夜はやめましょう、って言って去って行ったよ~」って言ったら、大笑いよ。二人とも。いやいや、笑ってる場合じゃないし、私真剣に心配したし。「でもそろそろそういうことになるかもしれないと思っておいた方がいいですね。張りが収まらないようになってきてますから」と白田先生。やっぱりそういうことよね。本当の陣痛にならないように交わしながらオペの日を待ってるって感じよね。

午前中も10分間隔で大きな波が来て、マグセント1ccフラッシュと頓服薬1錠を飲んでなんとかおさめる。

ベビーちゃんの胎動がものすごい。ぼっこぼっこけるし、急にお腹が前にせり出してきた感じ。これってやっぱり出産時期が近付いている証拠なんだろうなー。

コメントを残す

このページの先頭へ