出産7日目 タガがはずれて…

イチゴは頑張って、1回30ccぐらい飲めるようになってきた。すごいすごい!

と思っていたら、GCUの先生が来て体重の減少が止まらないのでもっとたくさん母乳を飲ませたいとのこと。1日トータル360ccは絶対飲ませないと体重が減るんだそうだ。直母より哺乳瓶の方が簡単に飲めるから、直母と哺乳瓶を1回交代にしましょう、ということになった。で、あとは母乳を飲むだけということなので、今日からイチゴも同室に。

これがかわいいんだー。となりにイチゴが寝てる。最高に幸せだ。あなたの顔を見るために半年頑張ってきたんだもん。

でもどれだけ頑張っても一回に飲める量は30ccが限度。一日に360ccも飲ませるなんて、無理じゃない?

1回おきに直母と哺乳瓶っていうのもなかなか大変。頑張ってやってみたけど、夕方にうまくいかなくなって、イチゴが泣いておっぱいがしたたり落ちてるのに、哺乳瓶で飲ませる回だったから、泣かせたままおっぱいを搾乳しなくちゃいけなくて、イチゴの泣き声と早く絞ってあげなきゃっていうのでなんだか私パニックになっちゃって、おいおい泣いてしまった。
産科の看護師さんが来て、「そんなに思いつめなくていいから」と言ってくれて、絞った分のおっぱいをイチゴに飲ませてくれて、その間に残りのおっぱいを搾乳できた。

イチゴがお腹いっぱいになって泣き止んだあとでも、私の涙は止まらず、タガがはずれたみたいに泣けてきた。今までのこと思い出してみたり、早く産んでしまった負い目みたいなのを感じてみたり、いっしょに退院できるかもなんて言われちゃったから浮かれちゃったのか、焦っちゃったのか、初めから赤ちゃんの退院はお母さんより1週間くらいは遅れるって言われてたのに、なんで一緒に退院できないかもってこんなに焦ってるんだろうって思ってみたり。

そうだ。一緒に退院できるかも、なんて期待したからいけないんだよ。だから焦っちゃうし、負い目も感じちゃうんだ。

泣いてたらそう気が付いてちょっと楽になった。
イチゴちゃんは頑張ってるよ。だから、楽に行こう。

でも、私がオイオイ泣いてるのを看護師さんたちは申し送りしてたみたいで、交代した看護師さんも「気持ちは落ち着きましたか?」なんて聞かれちゃった。精神的に不安定だとでもカルテに書かれてるのかも。

ジーちゃんばーちゃんもイチゴに初対面。レモン姉さんもお熱が落ち着いてイチゴに会いに来た。
この産科病棟は、ジーちゃんバーちゃんまでは入室可能。でも子供は入れないんだ。だからばあちゃんは直接イチゴに会えたけど、レモンは窓越し↓。
やっぱり孫はかわいいらしい。苦労かけたからね。今回は。
レモンはちょっと複雑そうだったけど、かわいいって言ってくれたよ。

ばあちゃん対面

 

レモン、かーちゃん明日帰るからね。

 


 

コメントを残す

このページの先頭へ