出産10日目 いよいよイチゴちゃん退院!やっほーい!

今日は土曜日。パパが家にいてくれてちょっと安心する。
午前中に、昨夜から搾乳した母乳をイチゴちゃんに届けに行きました。

【スポンサードリンク】

「今日はまだ先生の回診がないんですけど、頑張って飲んでますから退院も近いと思いますよ」と看護師さん。
ああ、うれしいなーと思って帰ってきたの。

で、そのあと念願のパスタを食べにレストランへ行ったのさ。これは入院中から、「退院したら絶対1番はじめに○○のパスタを食べに行くんだ!」と決めてたところで、すっかり忘れ去られていた私の誕生日のお祝いもかねて家族3人で久しぶりに外食をしたの。

まぁ、レモンのハシャギ様といったら(笑)。
大好きなパスタと大好きなピザと、久しぶりにお父さんお母さんと3人でお食事だもんね。そりゃうれしいわ。
しゃべってしゃべって、食べて食べて、まぁ、忙しいこと。

私はというと、あれほど食べたかったパスタなのに、なんだかいつもより味付けが濃いような気がしてたくさん食べられなかった。 病院食に飼いならされたか?
でもレモンが楽しそうでよかったよかった、、、と思って食べてたわけ。
ランチも終盤になったころ、プルプルーっと携帯が鳴って、見ると病院からだった。

もしや、イチゴに何か?と思って大急ぎで出たら、GCUの担当看護師さんだった。
「先ほど先生の回診がありまして、体重の減少も歯止めがかかったようですし、退院していいとのことです。今日お迎えに来れますかー?」
ってええええええええ~~!!!!もう退院できるの???イチゴおめでとう!!!!
ええっとー、はい。お迎えに行けます行けます。
ええええっとー、このあとデザート食べて、家かえって、イチゴのお洋服の準備して、お金の準備して…。 15時には行けます!

「え?イチゴちゃん退院するの?」と電話を横で聞いてたレモン。
「そうだって!もう今日退院できるんだって!」と答えると、「ええ~。。。」としょんぼり。

家に赤ちゃんが来たら今までのようには甘えられないってのがわかってるんだね。
「家にイチゴが来ても、お父さんもお母さんもレモンのことが今までと同じように大事やし、大好きやで。ちょっと忙しくなるかもしれへんけど、レモンのことも忘れヘンよ」というと、「うん。」とこっくりうなずいておりました。 6歳って、聞き分けちゃうからレモンもつらいよね。これが2歳や3歳やったら、「やだやだやだー!」ってダダもこねられるだろうに、6歳にもなっちゃったもんだから、わがままも言っちゃいけないのわかってるし、複雑なんだろうね、お姉ちゃんの気持ちも。

とりあえず、そのあとレストランで食事中はイチゴの話題を出さないようにして、レモンに注目してあげるようにした。 ゆっくりデザートを食べて、レモンの話を聞いた。

で、帰宅してから、イチゴの肌着やら退院着やらを準備して、タクシーで病院へ。パパはまだイチゴのベッドを組み立ててなかったので、家でお留守番。 GCUに行く足取りも軽い。

いよいよ退院できるんだ!いよいよ家族4人で暮らせるんだ。この見慣れた白い壁ともおさらばだっ!!!!

イチゴちゃんを迎えに行くと、担当の看護師さんが待っててくれた。退院前に沐浴の練習もかねて、お風呂に入れさせてもらう。 あーそうだった、そうだった。レモンのときを思い出すよ。 イチゴちゃんは気持ちよさそうにお風呂に入ってくれた。かわいいねー。。。。

で、用意してた肌着を着せて、おくるみに包んで、やっと退院 。

タクシーの運転手さんが飛ばすから、冷や冷やしたよ。
赤ちゃん抱っこしながら、急カーブに耐えられるほど私の背筋は戻っていませんから(汗)。

家ではパパがお待ちかね。GCUに移った時に一度抱っこしたきりで、抱っこしてなかったから、初抱っこにちかいな。
あー、これでいよいよ新たな生活の第一歩だ。

ばーちゃん、じーちゃん、いろいろ確執はあったけど、協力してくれてありがとう。
あなたたちの協力がなければ、イチゴは無事産まれなかっただろうし、レモンも半年生活することができませんでした。
パパも平日は仕事で週末は育児に家事に私のお見舞いと、本当に大変な半年だっただろうと思いますが、愚痴1つ言わずやさしく笑ってくれてありがとう。
イライラして愚痴をこぼしていたのは、私ばかりでしたね。

こうしてイチゴちゃんが家で寝ているのは夢のよう。 頑張ってよかった。

今までこのブログを応援してくれた皆様、ありがとうございました。
皆さまのコメントにどれほど励まされたことか知れません。

切迫流産・切迫早産は終わりのあるものです。
終われば、赤ちゃんとの新しい生活が始まります。
寝ているだけの歯がゆくてつらい時間ですが、乗り越えれば愛おしい天使がやってきます。

だから頑張って!ママ、頑張れ! このブログが皆さまの切迫生活のお役に立てれば幸いです。  

コメントを残す

このページの先頭へ